前鳥 幸せの半分青い鳥探し

これからの時代は愛のものを与えることによって、愛のものを返されて豊かになっていく時代だそうです。

気負わなくていいので、身の回りの小さな幸せ探しを始めてみませんか?

例えばそんなにお金をかけなくてもお友達にデザート1個あげると、貰った相手はほっこり満たされる。

お金のない子どもはお母さんのお誕生日に花1本、カード1枚でもあげる。

一生懸命頑張って100点を取る。そうするとお母さんが喜ぶ。

誰かを笑わせてあげる。

みんなで笑うと何故か幸せになる。

忙しいと言っている人にはお手伝いをして時間を分けてあげる。これも幸せ。

約束した時間を守る。

みんなのルールを守る。

人に迷惑かけるような生き方をしない。

そうすると世の中が平和になる。

お互いに譲り合おうとする。

例えば、仕事のシフトも自分の都合ばかり言ってないで休みの日を譲ろうとする。

電車の中でシルバーシートを譲るのはもちろんですが、席を1人で広く使おうとしないで1人でも多く座れるよう詰めてあげる。

人の悪口は言わないようにする。

いいところを見つけて褒めてあげると自分を見ていてくれたのかと何故か嬉しくなる。それも幸せ。

お互いに話をしてお互いに相手を理解をしようとする。

そうすると平和になれるように思う。

自分の知り合いで良くないことをしている人がいたら注意しようとする。

ちょっと勇気が必要だけど、それでも話を聞いてもらえれば、周りが良くなるような気がする。

小さな事で目くじら立てないで許してあげる。そうすれば許されるでしょう。

許せないような事は許そうと思って、許します、と言ってみる。そうすることで少し気持ちが平和になるでしょう。

それでもやっぱり許せないと思うなら違う誰かを幸せにしようと思って行動してみてください。そうするともう少し平安が与えられるでしょう。

人が聞いて気持ちがいいと思える言葉を言うようにする。

ありがとう、幸せだなぁなど。

これもほっこり気持ちが満たされる。

道端にゴミを捨てないようにする。

でもゴミが落ちていたら1つでも拾って捨てる。そうすると、地球に優しいので神様が喜ぶ。

使えるものは捨てないようにする。

これも地球環境に優しいかもしれませんが、使わないものは買わないようにする。使わないのに取っておくよりは使ってもらえる人に譲ってあげた方がいい。

それでも使わないと思ったら捨てた方が気持ちもスッキリ整理出来て、新しい物を手に入れることが出来るでしょう。

税金や年金をきちんと払うようにする。自立して生きようとする。これもみんなのためだから、社会が幸せになる。

節電するように心がける。これも地球環境のため。

もっともっと出来ると言う人は・・・
お金がある人または余裕がある人は困っている人に寄付をする。

でもただあげるというよりは、本当は自立のための何かをしてあげる方がいいのではないでしょうか。

これからの時代は超高齢化社会。年金もだんだん減って来て、さらには青年から中年層の働ける人材も減って来ています。

本当はこれからの時代働ける人は働くという環境にしていく必要性を感じます。

自分の得意なことで助けてあげる。

誰かを助けようとすると、誰かに助けられる。

得意、不得意なことあり、能力もみんな同じではありません。

だからみんな不完全だから助け合うことで1つになれば完全になる。

そして、もっともっと得意分野のもの同士が手を取り合うという事も重ねるともっと効率アップして豊かになっていくでしょう。

それでも何故か愛を与えられないと思う人は「どうかみんなに与える愛を分け与えて下さい」と神様に祈ってみて下さい。

そうすればどうしてか愛を与えられて喜びになるでしょう。

これはほんの一例です。みんなと同じという幸せを探さなくても、幸せの形はちょっとずつ違うと思います。

自分のアイデアを出し合ってそれぞれの場所で生かしてみてはいかがでしょうか。

徳を積むと得をする時代。

それらを続けようとする人が増えると網の目のようにつながって大きく広がっていくような気がします。

今、私はあなたに小さな幸せの種を与えました。

自分が好きな得意分野をみんなに分け与えて幸せの花を咲かせてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする