大鳥 最終羽 マーフィーの法則について

マーフィーの法則について

意識が考えた結果が現実に起こるというものです。

ジョセフ・マーフィー博士は、人生には永久不滅の法則があり、思い描いて信じれば必ず現実になると言います。

マーフィー博士はこれを人生の黄金率(ゴールデンルール)と言いました。

このゴールデンルールを上手に人生に活用すれば、夢も成功も、富を得ることも、思いのままと言うのです。

色々な自己啓発に同じように書かれていますが、人は1日に6万回と思考するそうですが、その殆どはマイナスのことを考えているので、結局そのマイナス思考のものを現実に引き寄せているということです。

マーフィー博士は潜在意識に暗示のものを働きかけるように言います。

潜在意識は顕在意識と違って意識的に考えないものです。

しかし、マーフィーは顕在意識で考えたものより、潜在意識で考えたものの方が現実により多く引き寄せるというのです。

潜在意識から失敗・恐怖・不安というマイナス思考を追い出し、成功・富・健康などのプラス思考を心の中に満たすことにフォーカスすることだそうです。

そして、マーフィーによれば潜在意識が暗示にかかりやすい時間帯があって、その時間帯に意識的に自分の欲する願望を想像することだそうです。

その時間帯は入眠、あるいは目覚めた時間帯でうとうとと、まどろんでいる時間帯だそうです。

よくよく考えてみると、お百度参りも信じて願掛けをするものですが、最後は意識もうろうとなって願掛けをしていますよね。

また、催眠術も暗示にかかってしまうものです。

或いは、何かに没頭して取り組んでいる者の方が成功しています。

つまりマーフィーが言うように、意識下(無意識)でイメージしたものの方が現実になっているのです。

そこで私はそれを試しましたが、なぜか眠気の方が勝ってうまくいきませんでした。

でも私は思います。母親が子供を寝かしつける時に将来にいい夢を与えられるのではないかと。

(第17羽の内容も合わせて取り入れてください。)

読み聞かせの効果について お子さんに絵本を読んであげていますか? 絵本は創造力や好奇心をもたらし、子どもの可能性を無限大に広げる...

そして、私はもう一つ考えます。

潜在意識より深層意識(集団意識)の暗示の方がもっと現実化するのではないかと。

みんな豊かで幸せな人生を送りたいと切に願っているはずです。

自分だけでなく、みんなが豊かな人生をおくれると信じて、一緒に豊かな未来の夢を見てみませんか?

※最終羽ですが最終羽前に1週間程度で更新してます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする