第69羽 瞑想効果

瞑想効果

  1. ストレス軽減、ストレス耐性の向上、緊張・うつ状態の緩和、不安の減少
  2. 疲れにくいからだになる
  3. 集中力アップ
  4. 平常心が備わる
  5. 飛躍的な効率化
  6. 直感が研ぎ澄まされる
  7. タイミングがよくなる(シンクロニシティが起きる)
  8. 願望が叶いやすくなる(引き寄せ)
  9. 創造力があふれる
  10. 人間関係が良好になる
  11. 揺るぎない安心感に包まれる
  12. 日常で至福を経験する
  13. 免疫力の改善、血圧の低下、血中コレステロール、血糖値の低下など交感神経と副交感神経のバランスが整い、よく眠れるようになります

瞑想方法

1、良い姿勢で坐る
床に座布団や坐布を置き、その上にあぐらをかいて、どっしりと下半身に重心を置いて、姿勢を正して座る。椅子や正座でも可能。手の平は軽く膝の上に置く。向きは上でも下でも良い。目は優しく半眼にして、1,5~2m先の床を柔らかく眺めるか、または軽く目を閉じます。

2、自分の呼吸に意識を置く
今まで、無意識に行っていた自分自身の自然な呼吸に意識を置きます。ゆっくりした複式呼吸です。

3、注意をコントロールする
呼吸に意識を向け、何か考えていることに気づいたら、それを追いかけず、再び意識を呼吸に戻します。

参考元

https://www.lifehacker.jp/2015/10/151001book_to_read.html

https://www.kracie.co.jp/kampo/kampofullife/heart/?p=3142

 瞑想は簡単に言うと、深い呼吸をしながら、呼吸に意識を向けることで、過去や未来に向ける雑念を振り払うことで「いま、ここ」を感じる技です。

瞑想は色々やり方もあります。

最近はマインドフルネス(古代の仏教より伝わる伝統的なメソッドから宗教的な要素を除いた瞑想)という言葉も良く耳にします。

呼吸に意識を向けづらい人はマントラを唱えながらの瞑想や、慈悲の瞑想(自分や他者の幸福を願う祈り)、歩行瞑想(歩きながら足裏の感覚に意識を向ける、或いは自然を感じながらの散歩)といったものもあります。

または座っての瞑想が辛い人には横になってする方もいます。全身の力を抜いて行ってください。これは眠ってしまう可能性が高いのですが、眠ってしまっても問題はありません。

また、ヨガや笑うことも同じような効果が得られるとのことです。

静かな音楽や自然音を取り入れるのも効果的です。

YouTubeにも導入動画があります。こういうのも活用すれば簡単に行えるでしょう。

時間は30分~から1時間やった方がいいという話もありますが、1分とか、5分ぐらいでも効果があるという人もいます。

いつでもどこでも取り組めると気楽に考え、まずは短い時間から始めて、習慣化してみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする