第91羽 神のデザイン

神のデザイン

インテリジェント・デザインと言う言葉を聞いたことあるだろうか?

「知性ある何か」によって生命や宇宙の精妙なシステムが設計されたとする思想。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3

本来宗教で言われてきた神を、科学思想を含めた上で、宗教的理由で神を信じない科学論者達に神の存在を理解して貰おうとする思想である。

私は神を私達のような一人の人間で、私達はその細胞の一つ一つのようなものだと考えることがある。

分け御霊とは私は神の一部だと思っていたが、神道では、神の分身であり、神のコピーだという。

神のコピーであるなら私は完全であると思うが、よくよく考えてみると、私の細胞一つ一つに同じ情報の詰まったDNAを持っていて、その細胞が機能する部分だけのものがonになっています。

というと私は神のDNA細胞の一つのようだとも思える。

私はこの広大な宇宙がただの偶然で生れたとは思えない。

この生命も偶然にできたとも考えにくい。

なぜなら、そこに計算されつくされたかのようなDNAが存在し、計算されつくされたかのような宇宙の法則があるからです。

偶然であるなら、魂は存在しないし、私たちは存在してなかっただろう。

偶然であるなら、私たちの思考も存在しないし、宇宙も無秩序だったと思う。

根本的知的存在がないとしたら、DNAは無秩序が設計したというのでしょうか?

無秩序が生命を動かしているのでしょうか?

そして、私たちが存在している意味はあると言えるのでしょうか?

神は宇宙でもあり、

私たちは神のデザインの一部であり、

神は愛であり、

私たちを経験と言う旅に出した存在である。

そして、私はいつか神の元に帰る時が来ると信じるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする