第93羽 自立心と依存心

自立心と依存心

スピリチュアルや宗教はちょっと胡散臭くて信じられないという人がいる。

それは、人々の依存心を付け狙って、人々からお金を巻き上げようとする人がいるから。

騙されない方法は、依存心をついてお金を取ろうとしているかどうかで判断できる。

それが誠実な値段で自立する方法を教えているなら、騙しとは思えない。

逆に、法外な値段で、これを持つことで救われるといった内容で神器や何かを売るのであれば、まず騙しと思って間違いないだろう。

なぜなら、心の問題を解決する救いは、依存心にあるのではなく、自立する心の中にあるからである。

私も誰かに心の問題を解決して欲しいと願っていた時は、占いや神頼みの人生だった。

自分を誰かに認めて欲しいと願って生きていた。

誰か素敵な人に愛されれば、人に羨望され、幸せになれると思って生きていた。

しかし、誰かや物に依存している間、救いはなかった。

救いは、自分の中にこそ存在する。

自分を赦し、認めること。

それを促す教えこそ、私は本物だと思う。

占いより、カウンセリングを。

優越感より、肯定感を。

宗教より、自分を信じること。

人に愛されようとするより、自分自身を愛すること。

依存するより、自立することを求めてみよう。

そうすることで、きっと心の悩みを解決できるものになるだろうから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする